美肌ホリック

美肌のルールとテクニックを紹介

コスメ新製品情報

ポーラ、シワを改善する「ポーラ リンクルショット」が大ヒット

pola_wrinkleshot

1ヶ月で36億円も売上げる

ポーラから発売されたシワ改善用の薬用化粧品「ポーラ リンクルショット メディカルセラム」が大ヒットとなっています。

「リンクルショット」は2017年1月1日に発売され、発売後1ヶ月で約25万本、実に約36億円も売り上げています。価格は1本15000円(税抜)と決して安くはないこの商品、一体なぜヒットになったのでしょうか?

国内で初めてシワへの改善効果が認められた化粧品

その理由の1つが、シワへの改善効果。同商品は国内で唯一となるシワへの改善効果が認められた化粧品なんです。日本香粧品学会で効能評価試では、被験者の7割で目尻のシワが改善。シワの深さに対しても最大34%の改善効果が認められています。

アンチエイジングのニーズを汲み取る

富士経済の調査によれば、女性の約6割がシワに悩んでいるとのこと。真皮層のシワに対して効果を求める女性が多いという背景があったのです。高齢化社会を迎える日本ですから、このニーズはごく自然なものと言えます。

こうしたニーズを受けて、ポーラはシワ用化粧品の開発に注力。研究を進める中でシワを作る原因として「好中球エラスターゼ」が重要な働きを持つことを世界で初めて発見しました。

ヒットを受けてポーラの株価は20%も上昇

この好中球エラスターゼの働きを抑制する有効成分「ニールワン」を配合したのがリンクルショットなんですね。開発までになんと15年もかかったと言います。

ポーラはリンクルショットの発売により、株価がなんと約20%も上昇しているんですね。それほど待ち望まれた製品といえます。

資生堂がレチノールで追従

しかしながら、リンクルショットに大きなライバルが現れました。資生堂です。

shiseido-top

画像引用:資生堂

資生堂は2017年2月28日に、ビタミンAの一種である「レチノール」を有効成分とする新製品を開発。これがシワを改善する効能効果があると、厚生労働省から認可を受けたことを発表しました。

レチノールは皮膚はヒアルロン酸の生成を促進

レチノールは加齢とともに減少するヒアルロン酸の生成を促すことが知られています。レチノールは皮膚の水分保持や弾力性に関わり、シワを改善する効果が認められています。

レチノール配合の化粧品自体は目新しいものではありませんので、私にはリンクルショットのヒットに焦った資生堂が「うちもやってるよ!」と名乗りをあげた形だと思います(新製品の発表があったわけでもないので)。

ただ、今後はシワへの効能を明確に謳った製品が多数開発されることでしょう。エイジングケアカテゴリは注目ですね。

参考リンク
ポーラ リンクルショット

-コスメ新製品情報
-, , ,