美肌ホリック

美肌のルールとテクニックを紹介

スキンケア

意外と知らない美肌を作る「 基礎化粧品 」の10TIPS

お肌の手入れの基本は基礎化粧品を正しく使う事から始まります。でも、意外と基礎化粧品の使い方を知らない人も多いようです。そこで、今更聞けない基礎化粧品のベーシックテクニックを10本まとめてみました。

2_kisoskincare01

化粧水は押し込むようにつけよう

洗顔後の肌はいわば無防備な状態です。そのままほ放っておくとかさかさと乾燥してしまうので注意が必要。だから洗顔後の化粧水はとっても大切なんです。化粧水を効率良く肌に染み込ませるには、手にとって肌にのせ、押し込むようになじませること。強く叩いたりこすったりすると肌に負担をかけて逆効果。肌が硬くなったり黒ずみの原因になりかねないのです。

コットンよりも手でつけるのが効果的

洗顔したらとにかくすぐに化粧水をつけることが大事。洗顔後は肌の水分がどんどん蒸発していくので、みずみずしい肌を保つためには少しでも早く水分補給することがなによりも大切です。

その際、化粧水は手にとってのせていきましょう。一度手に取ることで、化粧水が手で温められ、肌への浸透力が良くなります。その後、音がしない程度にパッティングして肌に塗り込んでいきましょう。

乳液は化粧水が乾く前につける

2_kisoskincare02

すっきりと洗顔をした後、化粧水をつけ十分な水分補給をすると肌がしっとりと潤います。でもここで安心するのはまだ早い! すぐに乳液保湿クリームを塗って、水分を肌に閉じ込めます。化粧品が乾ききらないうちに塗るのがポイントです。

それでも肌の乾燥がひどい場合には加湿器を使って部屋ごと湿度を高めれば、肌の保湿が出来ます。

肌のハリを戻したいのならビタミンC

顔や首にハリがなくなると、年齢より老けてみられます。そこで、洗顔後につける化粧水をビタミンC誘導体入りの化粧水に変えてみる方法もあります。

ビタミンCには皮膚細胞を活性化させる効果がありますが、そのままの状態では電荷が同じ皮膚に取り込まれにくい性質があります。ビタミンC誘導体はこれを改善したもので、皮膚に染み込みやすいビタミンなのです。

乾燥肌の人には海洋深層水の化粧水

肌の乾燥が気になる人にお勧めなのが、海洋深層水で作られた化粧水。ミネラルがバランス良く含まれているので、保湿効果がとても高いんです。実際に使ってみるとそのしっとり感はかなりのもの。老化によって衰えた肌にも効果を発揮します。

マイナスイオンで美肌を保つ

マイナスイオンが人間の体や精神によい効果があることは知られていますが、実は肌を美しくみずみずしく変えてくれる効果もあります。天然の湧き水やトルマリン鉱石などで作ったマイナスイオン水を化粧水代わりに使うと、肌が不思議と潤ってくるのがわかるはず。直接つけるよりもスプレーで吹き付けたほうが効果を感じやすくなります。できるだけ微細な水滴になるアトマイザーを使うのがコツです。

アミノ酸入りの化粧品は効果的

シワや乾燥で悩んでいる人はアミノ酸入りの化粧品を試してみてください。アミノ酸は肌の保湿力を高めるだけでなく、肌の細胞やコラーゲンの材料となり、肌のターンオーバーをスムーズに導いてくれます。また、シワの原因となる肌の参加も抑制するので、きめ細かな肌が期待できます。

テカリ予防のしすぎに注意

夏場になると肌のテカリが木になるものですが、顔のテカリを解消したいからといって、収れん効果のある化粧水をやたらと使うのは考えものです。確かに収れん化粧水を使うとさっぱりはするものの、保湿力に欠けるからです。

一方、脂取り紙の使い過ぎにも注意。必要な脂分までふきとってしまうと、さらに皮脂分泌が行われて脂っぽくなってしまうからです。脂取り紙やテカリ予防は化粧崩れ気になるときだけに限定して使いますしょう。

乳液とクリームの季節別使用法

2_kisoskincare03

洗顔後は化粧水をつけて、その後乳液で保湿する。これが多くの人の基本パターンだと思います。でも、1年中このパターンで果たして良いのでしょうか?

まずは自分の肌の状態を確認してみてください。夏ならば保湿効果のある化粧水だけで十分という人もいれば、夏でもたっぷりの乳液をつけなければカサつくという人もいるはずです。

このように、季節に応じて自分の肌状態に合わせてお手入れをすることが大切です。特にカサついたときには化粧水の後に美容液をつける、乳液だけでなくクリームをつけるなど、臨機応変なケアを心がけてください。部分的にカサついた場所だけを保湿ケアするのもおすすめです。

一方で日頃から色々つけ過ぎるのは考えものです。肌を過保護にしすぎると、肌の自活力が衰えてしまう可能性があります。

毛穴汚れ取りシートの落とし穴

毛穴が開いてしまった肌は、顔全体をくすんで見せてしまいます。これでは顔色も冴えません。

毛穴に皮脂がつまると白いぶつぶつになり、そこに角質細胞がつまると今度は黒いブツブツが発生します。特にこの汚れは小鼻の周りに目立つもの。小鼻の周りは化粧崩れもしやすいため、気になる人も多いはず。

これは早めのケアが必要ですが、市販の貼ってはがすタイプの毛穴取りは肌に負担がかかるので注意が必要です。

特に10代の肌ならまだしも、年を重ねた肌にはダメージが多kすぎるので使用は十分注意が必要です。頻繁に使用するのは避けましょう。

一方で洗い流すタイプや拭き取るタイプなら肌への負担は比較的少なくて済みます。あとは収れん作用のある化粧水で毛穴を引き締めたり、ピーリング成分を配合した化粧品を用いて肌を守るようにしましょう。

-スキンケア
-, , , , , ,