美肌ホリック

美肌のルールとテクニックを紹介

スキンケア

夏場に欠かせない「 日焼け止め 」の選び方・効かせ方

avoid-sunburn

皆さんは日焼け止めを選ぶ際、どこを見て選んでいますか? SPFPA値につい目が行きがちですが、それが正しいとはどうも言い切れないようです。

SPF値が高い日焼け止めのデメリット

確かにSPF値やPA値が高いほうが紫外線は防げます。しかし、これらの数値が高ければ高いほど肌への毒性が強くなります

肌老化の最大の原因は紫外線です。日焼けをすればするほど肌へのダメージは大きくなり、老化が進みます。恐ろしいことに、外面的な肌老化の80%の原因が紫外線だと言われています。

例えば自分の内ももや二の腕など、あまり紫外線にさらされない部分とそれ以外の肌を比べてみてください。感触が全然異なりませんか? それだけ肌は紫外線によるダメージを受けているのです。

どんなにお手入れを頑張っても、日焼け止めを塗らずに肌を紫外線にさらしていると、老化はどんどん進んでしまうのです。

一方で、日焼け止めは毒性が強いことでも知られています。

紫外線吸収剤が皮膚炎を起こす元に

特に透明で使い心地のよいものは接触皮膚炎を起こす可能性の高い「紫外線吸収剤」が大量に入っています。

また、SPFやPA値と毒性は比例するので、SPF50、PA++++のような数値の高いものはスポーツやアウトドアのように長時間紫外線にさらされる際の使用には必要ですが、毎日の使用には避けたほうが望ましいのです。

通常、毎日使用する日焼け止めは化粧下地にもなるSPF20〜30程度、PA++くらいが妥当です。

日焼け止めを塗る際の注意点

sunburn2

まず塗り忘れのないよう満遍なくのばすことです。顔にはしっかり日焼け止めを塗ったという人も、髪の生え際や首の後ろ、耳の裏、デコルテなどに塗り漏らしがないよう気をつけて下さい。

次に汗をかいたらこまめに塗りなおすことです。本来なら3時間に1回程度の塗り直しが目安ですが、その度にメイクを落として塗りなおすなんて無理なので、日焼け止めをメイク下地として使い、日焼け止め効果のあるパウダーファンデを使うことをお勧めします。

日焼け止めの中には美白やアンチエイジング効果をアピールするものもあります。しかし、実際は日焼け止めは肌に浸透しないよう大きな成分でできているので、美白成分などが肌に浸透することはありません。無理して高い日焼け止めを買うことのないよう、気をつけてください。

体の中から日焼けを防ぐ方法

とはいえ、強烈な日差しが降り注ぐ夏場はどうしても日焼けしてしまうもの。たくさんの紫外線を浴びてしまったときは、アスタキサンチンL-システインなどの抗酸化物質を摂取し、美白ケアを行いましょう。

おすすめは「マスターホワイト」。アスタキサンチンとL-システインを配合した美白ケアサプリ。紫外線によるシミやくすみを防ぐとあって口コミで人気が広がっています。


→マスターホワイト公式サイトへ

タグ

-スキンケア
-,