美肌ホリック

美肌のルールとテクニックを紹介

スキンケア

オーガニックコスメは本当に肌に優しいのか?

organic-cosme01

オーガニックコスメは自然由来の成分を使った化粧品です。ただし、オーガニックだからといって必ずしも肌に良いわけではありません。

化粧品の安全性の基準は化学合成品であってもオーガニックなものであっても同じです。肌に悪い影響を与えないか、刺激を起こさないか、などを判断する数字も同じです。

化学成分を含むものに比べて低刺激だとアピールする商品が数多く存在しますが、その根拠や認定は曖昧というのが現実です

オーガニックコスメの定義は3つ

そもそもオーガニックコスメとはなんでしょう? もっと詳しく掘り下げてみましょう。

一般的にオーガニックコスメとは次の3つの条件のうち、いずれかを満たしている化粧品です。

  1. 第三者機関のオーガニック認証を取得している
  2. 使用原料の大部分を自社、および提携農園のオーガニック素材を使用している
  3. ブランドラインナップの大部分にオーガニック素材を使っている

2と3についてはメーカー判断になるので、たとえば化学合成品を配合してあってもオーガニック素材を使っていれば「オーガニックコスメ」という言い方ができます。3については極端な例でいうと、容器がオーガニック素材であっても「オーガニックコスメ」と言い切ってしまうことができるわけです。

100%オーガニックでなくても「オーガニック」な理由

organic-cosme02

それなら1が真のオーガニックコスメかというと、そうとも言い切れません。オーガニック認証を行う機関の基準は様々だからです。たとえばA社の基準は次のようになります。

・水を含め95%以上が自然原料である。
・5%は化学原料でも良い
・植物原料の50%はオーガニックでなければならない。

こちらの基準に従うと、原料のうち45%のオーガニックではない自然原料と、5%の化学原料を用いて化粧品を作り、認証マークを取得した上で「オーガニックコスメ」として販売することができるのです。

オーガニックと化学成分の良いところドリがオススメ

つまりオーガニック認証のマークがついてるからといって、必ずしも100%オーガニックであるとは言い切れないのです。だからといって体に悪いというわけではないですし、地球に優しいというメリットもあります。

やみくもにオーガニックだから凄い!というのではなく、最先端科学を取り入れた化学成分とオーガニックなどの自然成分の両方のすぐれた部分をバランス良く取り入れるのが、賢いコスメライフと言えそうです。

オススメのオーガニックコスメは?

世界のオーガニックコスメの約75%を認証する「エコサート」。その信頼のエコサートによる認証を受けた100%オーガニックのスキンオイルが、フランス発のメルヴィータのスキンオイルです。

とくにメルヴィータのアルガンオイルは、化粧水のブースターとして世界中で大人気。美容のプロたちが愛用するコスメです。

→メルヴィータの詳細はコチラ
タグ



タグ

-スキンケア
-