美肌ホリック

美肌のルールとテクニックを紹介

スキンケア

誰も知らない化粧水の真実

海外では日本のような化粧水が存在しない!?

kesyousui

基礎化粧品として女性なら誰もが1本は持っている化粧水。しかし、海外の化粧品売り場にいくと、この化粧水が売っている店がほとんどないことに気づきます。なぜでしょうか?

実は日本以外の国では化粧水が「必要ない」と考えられています。理由は化粧水の成分は水が主なので肌に浸透しないと思われているからです。

化粧水にはグリセリンなどの保湿成分も含まれてはいますが、保湿剤としての機能はあまりないのです。

化粧水は肌を酸性に戻すもの

私たちの肌は弱酸性で、酸性であることで外部の菌から肌を守っています。化粧水は英語でトナーといい、固形石鹸でアルカリ性になった肌を酸性に戻すために使われていたのです。

しかし、現在では洗顔料の改良によって洗顔してもアルカリ性にならなくなったために、トナーはあまり使われなくなったのです。

そのため、海外(欧米)では化粧水は保湿目的というよりいも、毛穴の引き締めや、汚れのふき取りの目的で使われることが多いのです。また美容液の導入を良くするブースターとして使うこともあります。

つまり、成分がほとんど水の化粧水にお金をかけることは、あまり意味があることではないのです。

化粧水はふき取り水として使うとベター

とはいえ、化粧水に意味がないわけではありません。オススメは化粧水をコットンに含ませ、クレンジングとして使うことです。こうすることでクレンジング後のすすぎ残しがふきとれるので、肌荒れに効果的です。

この場合化粧水はエタノールBHA(サリチル酸)が含まれているものがピッタリ。拭き取るときはくれぐれも優しく行ってください。摩擦はくすみなどにつながるからです。

また、ブースター目的で化粧水を使いたい場合には、逆にエタノール配合の化粧水は避けたほうが得策。乾燥してしまう可能性があります。

サリチル酸配合のおすすめ化粧水

サリチル酸配合の化粧水はいくつかありますが、おすすめは常磐薬品工業の「NOV ACシリーズ」の化粧水です。ACシリーズはもともとニキビケア用として開発されていますが、弱酸性で敏感肌でも刺激を受けにくいこと、 また保湿力もあることから他の製品とは一線を画しています。有効成分配合により、美白ケアもできる点も嬉しいですね。

手軽に試せるトライアルセットもあるようなので、興味がある方はノブ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

タグ



タグ

-スキンケア
-, ,