美肌ホリック

美肌のルールとテクニックを紹介

スキンケア

肌が汚い残念な人のクレンジングと洗顔方法

洗顔

洗顔は絶対こすってはいけない

肌を綺麗にしようと一生懸命洗顔しているのに、肌荒れが止まらない!なんて人、いるのではないでしょうか。

お肌のきれいな人が心がけているのが丁寧なクレンジングと洗顔です。しかし、クレンジング剤を手に取って目の周りを強くこすったり、顔全体を親の仇のようにクレンジングしていたらそれは間違い。

強くこするとほほ骨に肝斑ができる

強くこすると皮膚の構造は簡単に破壊されてしまいます。特に、ほほ骨が出っ張っている部分には仲が必要。力を加えると色素細胞が活性化し、肝斑(シミ)を発生させるからです。

ほとんどの方が、ご自分のクレンジングに力が入りすぎなことに気づいていません。力は不要なので。皮膚が動かないくらいのやさしいタッチで、表面を指がすべる感覚でクレンジングをおこなってください。

肌をこすらなくても泡だけで汚れは落ちる

洗顔の基本は、洗顔料をを泡立てネットでしっかり泡立てること。でも、泡だてたのに擦り付けて洗うようだと文字通り「水の泡」といえます。

お肌をこすると汚れが落ちるような気がしますが、泡立てた石けんをお肌につけるだけで、泡の吸着成分が汚れを落としてくれるのです。イメージとしては泡でやさしく顔を包み込むようにして、泡の力で洗顔することです。

すすぎはぬるま湯よりも少し低い温度で

afterwashing

洗顔後のすすぎの仕方にもポイントがあります。強いシャワーを直接お顔にかけるのは、絶対にいけません。シャワーの刺激はヒートショックプロテインを引き起こし、シミをつくります。

シャワーの温度も重要。体を流すのと同じ40度ほどの温度であれば、お肌の保湿成分がすべて流れ出てしまい、乾燥肌になります。

お皿についた油汚れは水よりも40度くらいのお湯で洗ったほうが落ちやすいのは経験的にご存知かと思います。それと同じことがお肌の表面でも起こります。温度の高いお湯は皮膚の大事な天然保湿成分(NMF)や、油分を洗い流してしまい、結果的に乾燥肌へにつながります。

お顔をすすぐときには、シャワーであれば弱い水圧。温度は少し冷たく感じるくらい(20-25度)ですすぐことを心がけましょう。

洗顔料の成分に注意を払う

soap

洗顔時にもう1つ大事なこと、それは洗顔フォーム成分です。

洗顔フォームの主成分はクレンジングと同じく合成界面活性剤です。合成界面活性剤の配合量にもよりますが、使いすぎはクレンジング剤と同様にお肌のバリア機能を破り、皮膚の構造を破壊してしまいます。

天然石けんがおすすめ

そこで、できるだけ洗顔料には敏感肌用のものを使うことが望ましいですのですが、「なかなか良い洗顔料が見つからない」という方は、ノンケミカルの天然石けんを使ってみてください。

界面活性剤は洗顔後のすすぎが不十分でお肌に残った場合、肌構造を怖す恐れがあります。しかし、天然石けんなら合成界面活性剤とは違い無害なのです。

弱酸性が良いわけではない

皮膚が健康な状態は「弱酸性」です。そのためメーカー各社は「洗顔料はお肌と同じ弱酸性がよい」というマーケティングで、弱酸性に調整された合成界面活性剤配合の洗顔フォームが売り出しています。

一方、石けんはその組成上、アルカリ性となっています。しかし、石けん洗顔で一時的にお肌がアルカリ性に傾いても、健康な皮膚はすぐに弱酸性に戻りますので、何も問題はありません。

「アミノ酸系だから」「植物由来だからお肌にやさしい」という文言にも注意が必要です。「アミノ酸系」や「植物由来」でも合成界面活性剤であることに変わりはありません。肌に優しいから使いすぎて良い、ということには全くならないのです。

また、石けんはすすぎ後に下水や川を流れても、自然に分解されて自然に還るというエコな面もあります。

-スキンケア
-,